「座右の銘(ざゆうのめい)」の「座右」とは、また「銘」とはどういう意味?

ラジオを聴いていると、ちょっときになる文言を耳にしました。

「◯◯さんのザユウのメイをお聞きしても…」
「ざゆうのめい」、、

「座右の銘(ざゆうのめい)」とはよく聞きますが、心に留めている言葉、といったイメージで記憶していますが、そもそも「座右」とは、また「銘」とはどう言った意味なのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

まず前半の「座右(ざゆう)」とは、身近、座っているところの傍、といった意味なのだそうです。後半の「銘(めい)」とは、作品に残す製作者の名前、または、石などに彫り込んだ文章、心に刻み込んでいる言葉、といった意味になるのだそうです。合わせて、常日頃思い返す言葉や文章、といったにニュアンスになるようで、想像していたイメージで問題ないようでした。

まだまだ理解できていない文言がたくさんあります。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。