「小生(しょうせい)」とはどういう意味?その由来・語源は?

小説を読んでいると、ちょっと気になる文言が目に止まりました。

「小生、迂闊ながら…」
「小生」。

自分の事を「しょうせい」と言うんですよね。。
前々から若干疑問だったのですが、コレって一体どういう意味なんでしょうか?

ちょっと調べてみました。

「小生」とは、へりくだって自分を表わす一人称の事で、そもそも「生」には、「生きる」や「生まれる」との意味の他に、学ぶ、学習する、との意味も含まれているのだそうです。これに「小」をつけて、まだまだ勉強中の未熟者です、といった意味として、「小生」と使われるのだそうです。

なるほど!知らなかったー!
まさか、へりくだって自分と言っているのだとは想像していませんでした。
またひとつ勉強になりましました。