「如何せん」とは何と読む?またその意味は?

小説を読んでいるとちょっと読みの不明な文言が気になりました。

「とはいえ如何せん先立つものが…」
「如何せん」??
「いかがせん」じゃないですよね??

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「如何せん」とは「いかんせん」と読むのだそうです。「いかんせん」と言えば、なんとも、どうしようもない様、といった意味ですよね。そもそも「如何(いかが)」から派生した語句のようで、様子を伺う意味の「如何(いかが)」に「せん」を付けて、どうしたものか、といったニュアンスで使われるようになったのだとか。読み方も「いかがせん」から「いかんせん」と変化していったものと考えられているようです。

なるほど、「いかんせん」だったとは考えが及びませんでした。
如何せん小生未だ半人前なもので、まだまだ修行が足りない模様です。
人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。