「大雑把(おおざっぱ)」の「雑把(ざっぱ)」とはどういう意味?

雑誌を読んでいると、ちょっと気になる文言が目に止まりました。

「大雑把な正確な…」
「大雑把」。。
「雑把」。。
「ざっぱ」。。
フランク・ザッパ。。。

もちろん意味は理解していますが、ザッパとはどういった意味なのでしょうか。
ちょっと気になったので調べてみました。

まず大雑把とは、雑なさま、おおまか、といった意味。「雑把(ざっぱ)」とは、雑にまとめられたひとまとまりになったもの、と言う意味なのだそうです。単独で使う事はほどんどなく、「大雑把」と使われるのみなのだそうです。また「雑把」は「ざっぽう」とも読まれるとの事。
関連して「薪雑把(まきざっぱ・まきざっぽう)」という文言もあり、薪にするための木材の切れ端、といった意味との事。

なるほど、ザッパといわれるとフランク・ザッパが出てきてしまう私ですが、そういった意味だったのですね。
またひとつ勉強になりました。