「エンバーマー」とはどういう意味?英語で「EMBALMER」と記述するとの事。

引き続き通勤中に自力でスピードラーニング中です。
本日またひとつ気になる文言が耳にのこりました。

「… エンバーマー …」

早速調べてみました。

「エンバーマー」とは英語で「embalmer」と記述して、そもそも「エンバーミング(embalming)」との語句があり、これは遺体衛生保全、死体防腐処理、といった意味で、薬品などを使い遺体の腐敗を防ぐ処理をする事なのだそうです。土葬文化の欧米ではごく一般的に行われる事で、遺体からの感染症等、病気を防ぐ為でもあるのだそうです。そういった一連の作業を行う人のことを「エンバーマー(embalmer)」と言うのだそうです。日本では一般的に火葬されるのであまり馴染みがないですが、最近では保存を目的に行われるケースもあるそうです。

調べ始めた時には、納棺師、送り人、といったイメージかと思いましたが、そうではなく保存目的で防腐処理する事だとは思いませんでした。まだまだ世の中には知らない事が沢山あります。人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。