「ひともんちゃく」とはどうに書く?「悶着(もんちゃく)」またどういう意味?語源は?

ラジオを聴いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。

「なんだかヒトモンチャクあったようで…」
「ヒトモンチャク」。。

まあなんとなく、トラブル、もめごと、といった意味なのは理解していますが、この「ひともんちゃく」とはどのように書くのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「ひともんちゃく」とは「一悶着」と記述して、一件のもめごと、といった意味になるのだそうです。「悶着(もんちゃく)」がトラブル、もめごと、争い、と意味で、前半の「悶」の字には、もつれる、もだえ苦しむ、といった意味があるのだそうです。

なるほど「悶絶(もんぜつ)」や「悶々(もんもん)とする」の悶の字だったのですね。
そう言った意味を含んでいるとは知りませんでした。
まだまだ知らない日本語が沢山あります。人生日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。