「きてれつ(キテレツ)」とはどういう意味?またその語源は?漢字で「奇天烈」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと気になる語句がありました。

「とてもキテレツな話で…」

「きてれつ」と聞くと、ドラえもんでお馴染みの藤子不二雄さんの人気アニメ「キテレツ大百科」を思い出しますが、よくよく考えるとどういう意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

「きてれつ」とは漢字で「奇天烈」と記述して、「奇妙(きみょう)」と合わせて「奇妙奇天烈(きみょうきてれつ)」と言われることもあるのだとか。なんでも、江戸時代から使われている語句のようで、意味としては前者の「奇妙」と同じ意味になるのだそうです。「奇妙」強調する意味で言い回しと語呂の良さから使われているようで、そもそも「奇天烈」自体にはこれといった語源や意味などな無いようです。口からついて出たよいリズムの文言が自然に定着して、その後当て字がついた。といった事になるでしょうか。

まだまだ理解の足りない日本語がたくさんあります。
人生毎日が勉強ですね。

#yaoyolog