「おうおうにして」とはどういう意味?またその語源とは?漢字で「往々にして」と記述するとの事。

ラジオを聴いていると、ちょっと気になる語句が耳に残りました。

「そういった事例はオウオウニシテあるもので…」
「おうおうにして」。。

なんとなく耳にしたことはありますが、いまいち意味がハッキリしません。コレって本当はどのような意味になるのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「おうおうにして」とは、漢字で「往々にして」または「往往にして」と記述して、意味としては、よくある事、といった意味になるのだそうです。そもそも「往(おう)」とは、往診(おうしん)や、往復(おうふく)往来(おうらい)などと使われ、「往く(ゆく)」とも読まれるとの事。こちらの「往」には、場所に行く、時間が進む、といった意味を含む事から、行く時々で、所々で、といったニュアンスを含んでいるとの事。この意味から、しばしば、多くの場面で、機会で見受けられる、との意味になるとの事。

なるほど。住む(すむ)に似た漢字なので、意味も似ているのかと思いきや、行く(いく)、と意味も読みも同様に、移動する、といった意味になるのですね。
ちょっと意味を解釈するのが難しかったですが、なんとなく理解できたかと思います。
まだまだ知らない日本語がたくさんあります。人生日々勉強ですね。