Tag Archives: とは

「放蕩」とはなんと読む?またどういう意味? (ホウトウ)山梨名物のほうではありません。

小説を読んでいると、ちょっと見慣れない文言を目にしました。 「さぞ放蕩された事で・・・」 「放蕩」?? まったく読めません。 早速調べてみました。 「放蕩」とは「ほうとう」と読み、意味としては、女遊びや酒びたりになる、思…

Read More »

「三顧草廬」とはどういう意味?またなんと読む?(さんこそうろ)

新聞を読んでいると全く意味の分からない四字熟語を目にしました。 「三顧草廬の思いで・・・」 「三顧草廬」?? 全く意味が分かりません。 早速調べてみました。 「三顧草廬」とは「さんこそうろ」と読み、意味としては簡単に言う…

Read More »

「おおせつかる」とはどういう意味?(仰せ付かる/仰せつかる)

先日業務の中でちょっと気になる文言が耳に残りました。 「前任よりおおせつかっております・・・」 「おおせつかっております」? なんとなく違和感が。 おおせつかる ってこのように使うんでしたっけ? その時は聞き流しましたが…

Read More »

「せっとうじ」とはどういう意味?またどうに書く?接頭辞 / 接頭語(せっとうご)とも言うそうです。

友人との会話の中でちょっと理解の足りない文言が耳に残りました。 「ど根性」の「ど」ってのは単にセットウジだから・・・ ふ、ふーん。。 (せっとう字)?? 会話の前後からなんとなく全体の意味は理解できたのですが、この「せっ…

Read More »

「痛み入る」とはどういう意味?(いたみいる)

先日仕事上のメールで、ちょっと気になる文言がありました。 「先日はお手間を取らせてしまい誠に痛み入ります。」 「痛み入ります」? 「いたみいります」と読むのだと思うのですが、これってどういう意味なのでしょう? なんとなく…

Read More »

「山高帽(やまたかぼう)」とはどんな帽子?チャップリンで有名なあの帽子でした。

小説を読んでいると、ちょっと気になる文言が目に止まりました。 「山高帽をかぶった紳士が・・・」 「やまたかぼう」だと思うのですが、これってたまに聞きますがどのような帽子のことを言っているのでしょうか? ちょっと調べてみま…

Read More »

「憚れる」とはなんと読む?正解は(はばかられる)だそうです。

小説を読んでいると見覚えのない漢字を目にしました。 「人目が憚れるので・・・」 「憚れる」?? まったく読めません。 多分あれじゃないかなー、というのはあるんですが。 早速調べてみました。 「憚れる」とは「はばかられる」…

Read More »

「電解質(でんかいしつ)が入った飲み物」とは?「塩」も電解質のひとつ?

ラジオを聴いているとちょっと聞きなれない文言を耳にしました。 「毎日暑いので、熱中症対策に電解質の入った飲料を補給してください。」 「でんかいしつ」? 言わんとすることは「ポカリスエット」とか「アクエリアス」といったいわ…

Read More »

南を指すと書く「指南(しなん)」でなぜ教えるとの意味なのか?「指南車(しなんしゃ)」というのが元にあるらしい。

テレビで時代劇を見ていてちょっと気になりました。 剣術の先生などのことを「指南役(しなんやく)」などというこの「指南」ですが、なんで「指」に「南」でお師匠さん的な意味になるのでしょうか? 「南を指す」?? ちょっと気にな…

Read More »

「けちをつける」の「けち」とはどういう意味?またその語源とは?

先日友人との会話の中で、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「まったくケチつけるようなこと言うから・・・」 「けち」。。「ケチ」。。 意味としては「文句を言う」といった意味かとはもちろん理解しておりますが、ここで言う…

Read More »