英語でのカレンダー(年月日、12ヶ月)の読み方


「1, May, 10」などと、英語で書かれると、理解できないでいる自分が恥かしく思えてきましたので、これを機に中学校時にやり残していた12か月の暗記をしようと決意しました。
ちなみに「1, May, 10」は、「日,月,年」の並びとなり日本語で記載すると、「2010年5月1日」となります。日本語では「性・名」と来るのに対して英語圏では「名・性」と並ぶように、英語表記の場合順番が逆になって、日が先頭にきます。なんだかややこしいですよね。

さて、とりあえず12か月を英語で書くと、

  • 1月 : January (Jan) (ジャニュアリー)
  • 2月 : February (Feb) (フェブラリー)
  • 3月 : March (Mar) (マーチ)
  • 4月 : April (Apr) (エイプリル)
  • 5月 : May (May) (メイ)
  • 6月 : June (Jun) (ジューン)
  • 7月 : July (Jul) (ジュライ)
  • 8月 : August (Aug) (オーガスト)
  • 9月 : September (Sep) (セプテンバー)
  • 10月 : October (Oct) (オクトーバー)
  • 11月 : November (Nov) (ノーベンバー)
  • 12月 : December (Dec) (ディセンバー)

書き出してみると、ちらほら馴染みの深い単語もあります。

歌手の「トミー・フェブラリー」は「2月のトミー」か、とか。
車の「マーチ」は3月。
ウソをついても良い4月1日の「エイプリル・フール」。
「ジューン・ブライド」は6月に結婚式。
アースウィンドファイアの「セプテンバー」は「タ~リタ~9月~」だったんだな。
などなど。

しかし、これだけだと覚えづらいですよね。なので並びの暗記法、考えました。

それぞれの頭文字を取ると、「JFMAMJJASOND」となるので、無理矢理当て字で、

「じゃふまむじじゃそんど」。

ジャフ(JF)のママ(MAM)が神社(JJA)で爆音サウンド(SOND)ってのはどうでしょうか?
イメージとしては、「ジャフ」っていう欧米人の子の「ママ(マム)」が、日本の神社(JJA)に感動して、エレキギターを爆音サウンド(SOND)でかき鳴らす。といった強烈なイメージです。一度想像できればなかなか忘れませんよね。

各スペルは自力でなんとかするとして、順番だけでも理解しておきたいものです。


One thought on “英語でのカレンダー(年月日、12ヶ月)の読み方”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>