Tag Archives: 読

「妙齢」とはなんと読む?またその意味は?(みょうれい)

小説を読んでいるとちょっと理解の足りない文言に遭遇しました。 「なんとも妙齢な美女が・・・」 「妙齢」?? 「みょうれい」?? 熟女的な意味でしょうか? 早速調べてみました。 「妙齢」とは予想していたとおり「みょうれい」…

Read More »

「不心得」とはなんと読む?またその意味は?(ふこころえ)

小説を読んでいると、読めない語句を目にしました。 「その不心得な行いで・・・」 「不心得」?? 「ふしんとく」?? 気になったので早速調べてみました。 「不心得」とは「ふこころえ」と読み、意味としては、心がけが悪い、わき…

Read More »

そもそも「うんざり」とはどういう意味?またその語源とは?「倦んずあり(うんずあり)」から変化したとの事。

梅雨で毎日蒸し暑くてジメジメで嫌になりますね。そのくせ雨はなかなか降らないという。。 局地的には雨が激しく降っているところもあるようですが、夏を前にうんざりしてしまいますね。 ん、うんざり?? そもそも「うんざり」とはど…

Read More »

「馬酔木」とはなんと読む?正解は「あせび」だそうです。

小説を読んでいると、読み方が分からない語句に目が止まりました。 「熟れた馬酔木を頬張ると・・・」 「馬酔木」?? 「うまよいき」?? 早速調べてみました。 「馬酔木」とは果物の「あせび」のことで、なんでもこの「アセビ」の…

Read More »

「原因」と変換したいのに全然出てこない。「原因」は「げいいん」と読んでいた為でした。

変換がなんで出てこないんだ、と、5分間ほど奮闘しておりました。 「原因」と出したかったのですが全然出てこなかったのです。 フタを開けてみればなんて事は無かったのですが、読み方をすっかり間違えていたようです。 これまで 「…

Read More »

「抗う」はなんと読む?またその意味は?(あらがう)

新聞を読んでいると、読み方がよく分からない文言が目に止まりました。 「やはり運命に抗うことは・・・」 「抗う」?? 「こうう」?? ちょっと引っかかったので調べてみました。 「抗う」とは「あらがう」と読み、「抵抗(ていこ…

Read More »

「併置」とはなんて読む?またどういう意味?(へいち)

雑誌を読んでいると、ちょっと見慣れない文言を目にしました。 「変換する装置を併置すると・・・」 「併置」?? なんとなく「置く」「設置する」といった意味かと思いますが、よく分からなかったので改めて調べてみました。 「併置…

Read More »