TAG

  • 2022-05-11

「亻(にんべん)」に「夢」と記述する「儚い」とは何と読む?またその意味は?正解は「はかない」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みのハッキリしない漢字に目が止まりました。 「その切なく儚い表情から…」 儚い。。。??? この「亻(にんべん)」に「夢」と記述する「儚い」とは何と読むのでしょうか?またその意味は?? ハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「亻(にんべん)」に「夢」と記述する「儚い」とは「はかない」と読んで、もろい、長続きしない、あてにならない、不確定、無益、大し […]

  • 2022-05-05

「艹(くさかんむり)」に「卒」と記述する「萃まる」とは何と読む?またその意味は?正解は「あつまる」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつ読みの分からない語句に目が止まりました。 「萃まる夢…」 萃まる。。。??? この「萃まる」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「艹(くさかんむり)」に「卒」と記述する「萃まる」とは「あつまる」と読んで、集まる(あつまる)との意味になるとの事。「萃」の語句は、音読みでは「スイ」。訓読みでは、あつまる […]

  • 2022-04-11

「亻(にんべん)」に「巻」と記述する「倦く」とは何と読む?またその意味は?正解は「あく」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ、ちょっと読みの分からない漢字に目が止まりました。 「倦くことなき…」 倦く。。。??? この「亻(にんべん)」に「巻」と記述する「倦く」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? まったく分からなかったので早速調べてみました。 「亻(にんべん)」に「巻」と記述する「倦く」とは「あく」と読んで、もう十分で沢山だと思う、イヤになる、または、満ち足りた気分になる、 […]

  • 2022-04-05

「巻を措く能わず」とは何と読む?またその意味は?正解は「かんをおくあたわず」と読むとの事。

雑誌を読んているとまたひとつ、ちょっと読みの不明な語句がありました。 「まさに巻を措く能わずの面白さで…」 かん、を、おく?のうわず??? この「巻を措く能わず」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 「巻を措く能わず」とは「かんをおくあたわず」と読んで、先頭の「巻」とは、1巻、2巻などと使って今回の場合は書物、本を意味しているとの事。 […]

  • 2022-04-01

「扌(てへん)」に「奠」「阝(こざとへん)」と記述する「擲つ」とは何と読む?またその意味は?正解は「なげうつ」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつちょっと読みの分からない漢字を目にしました。 「命を擲つ覚悟で…」 この「擲つ」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「扌(てへん)」に「奠」「阝(こざとへん)」と記述する「擲つ」とは「なげうつ」と読んで、惜しげなく差し出す、捨てる、投げ捨てる、投げる、などといった意味になるとの事。「擲」の文字は、音読み […]

  • 2022-03-24

「木(きへん)」に「山」と記述する「杣山」とは何と読む?またその意味は?正解は「そまやま」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつちょっと読みの分からない漢字を目にしました。 「杣山を育成し…」 杣山。。。??? 「木(きへん)」に「山」と記述する「杣」の文字と「山」とで構成する「杣山」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「木(きへん)」に「山」と記述する「杣山」とは、「そまやま」と読んで、木材にする為に植林した山、または木材 […]

  • 2022-03-22

「龸(しょうがしら)」に「口」「旨」と記述する「嘗て」とは何と読む?またその意味は?正解は「かつて」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ、ちょっと読みの分からない漢字に目が止まりました。 「嘗てそうだったように…」 嘗て。。。??? この「嘗て」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「龸(しょうがしら)」に「口」「旨」と記述する「嘗て」は「かつて」と読んで、以前、昔、または、これまでにない、今までに一度も、などといった意味になるとの事。 […]

  • 2022-03-18

「月」に「星」と記述する「腥い」とは何と読む?またその意味は?正解は「なまぐさい」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ、ちょっと読みの分からない漢字を目にしました。 「未だ腥い雰囲気の残る…」 この「月」に「星」と記述する「腥い」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「腥い」とは「なまぐさい」と読んで、生臭い、との意味になるのだそうです。「月」に「星」と記述する「腥」の漢字は、音読みでは「ショウ」、または「セイ」。訓読み […]

  • 2022-03-16

「骰子」とは何と読む?またその意味は?正解は「シャイツ」または「さいころ」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「骰子を転がし…」 骰子。。。??? この「骰子」とは何と読むのでしょうか? 全然分からなかったので、早速調べてみました。 「骰子」とは「シャイツ」または「さいころ」と読んで、英語でいうところの「Dice(ダイス)」、サイコロのことだった模様です。そもそも「骰子(シャイツ)」とは、中国語で麻雀で使われるサイコ […]

  • 2022-03-10

「忄(りっしんベん)」に「単」と記述する「惮る」とは何と読む?またその意味は?正解は「はばかる」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みの分からない語句がありました。 「誰にも惮る事無く…」 惮る。。。???? この「忄(りっしんベん)」に「単」と記述する「惮る」とは何と読むのでしょうか?またその意味は? ハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「忄(りっしんベん)」に「単」と記述する「惮る」とは「はばかる」と読んで、かしこまる、遠慮する、などとの意味になるとの事。「惮」の文字は音 […]