TAG

  • 2020-03-27
  • 2020-03-18
  • 0件

「緑女」とは何と読む?またその意味は?正解は「りょくじょ」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと読みのハッキリしない漢字がありました。 「幼い緑女でも…」 緑女。。みどりおんな?? まったく意味も読みも分からなかったので、早速調べてみました。 「緑女」とは「りょくじょ」と読んで、三歳以下の女の子、との意味になるのだそうです。その昔、701年に制定された日本の令「大宝律令(たいほうりつりょう)」で定められた語句で、三歳以下の女の子を「緑女(りょく […]

  • 2020-03-26
  • 2020-03-18
  • 0件

「陥れる」とは何と読む?またその意味は?正解は「おとしいれる」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと読みの不明な漢字に目が止まりました。 「危険な状態に陥れる事と…」 陥れる。。?? この「陥れる」とは何と読むのでしょうか? ちょっとハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「陥れる」とは「おとしいれる」と読んで、人を騙して困難な状況に追い込む、または、攻め落とす、などとの意味になるのだそうです。別の漢字で「落とし入れる」と記述するケースもある […]

  • 2020-03-25
  • 2020-03-17
  • 0件

「もうじゅう」とはどういう意味?漢字で「盲従」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと気になる語句が耳に残りました。 「モウジュウせざるを得ない状況が…」 もうじゅう。。。 猛獣?? 猛獣、では意味が合わないようなので、早速ちょっと調べてみました。 この場合の「もうじゅう」とは漢字で「盲従」と記述して、自分で考えはせず相手の意見に従う、善悪の判断なしでただただ服従する、などといった意味になるのだそうです。 なるほど。目が見えない、 […]

  • 2020-03-23
  • 2020-03-17
  • 0件

「礻」に「咼」と書く「禍」とは何と読む?またどういう意味?正解は「わざわい」と読むとの事。

ニュースを読んでいると、またひとつちょっと読みの分からない漢字に目が止まりました。 「台風禍から再出発…」 台風、、禍。。?? たいふう、、うず?? この「礻」に「咼」と書く「禍」とは何と読むのでしょうか? ちょっと気になったので、早速調べてみました。 カタカナの「ネ」に似た「礻(しめすへん)」に「咼」と記述する「禍」の文字は、音読みでは「カ」。訓読みでは「まが」または「わざわい」と読 […]

  • 2020-03-18
  • 2020-03-10
  • 0件

「もくよくじょこん」とはどういう意味?漢字で「沐浴抒溷」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと意味の分からない四字熟語が耳に残りました。 「特別な機会なのでモクヨクジョコンして…」 もくよく、、じょこん。。?? まったく意味が分からなかったので、早速調べてみました。 「もくよくじょこん」とは漢字で「沐浴抒溷」と記述して、前半の「沐浴(もくよく)」とは、お湯で体を洗い清める、との意味。続く「抒溷(じょこん)」とは、汚れを取り除く、との意味に […]

  • 2020-03-17
  • 2020-03-10
  • 0件

「爾来」とは何と読む?またその意味は?正解は「じらい」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつちょっと読みの不明な漢字がありました。 「爾来この伴侶と共に…」 爾来。。。 この「爾来」とは何と読むのでしょうか? まったく分からなかったので、早速調べてみました。 「爾来」とは「じらい」と読んで、その後、それ以後、以来、などといった意味になるとの事。 「爾来(じらい)」の前半、「雨」にも似た、カタカナの「メ」に似た「㐅」との文字が複数入っている「爾(じ […]

  • 2020-03-06
  • 2020-02-26
  • 0件

「臨む」とは何と読む?またどういう意味?正解は「のぞむ」と読むとの事。

雑誌を読んでいるとまたひとつ、読みのハッキリしない漢字に目が止まりました。 「○○に臨む選手らが…」 臨む。。。 リン、、む??? この「臨む」とは何と読むのでしょうか? ハッキリ分からなかったので、早速調べてみました。 「臨む」とは「のぞむ」と読んで、出会う、直面する、目の前にする、その場に行く、などといった意味になるのだそうです。「臨海学校(りんかいがっこう)」「臨海公園(りんかい […]

  • 2020-03-05
  • 2020-02-26
  • 0件

「脚下照顧」とは何と読む?またその意味は?正解は「きゃっかしょうこ」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつ読みの分からない四字熟語を目にしました。 「脚下照顧してみれば…」 脚下、、照顧。。?? まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「脚下照顧」とは「きゃっかしょうこ」と読んで、自分の足元をよく見なさい、との意味の四字熟語になるのだそうです。もともと仏教に関連した語句で、前半の「脚下(きゃっか)」とは、自分の足元、との意味。続く「照顧(しょうこ)」 […]

  • 2020-02-28
  • 2020-02-18
  • 0件

「きつりつ」とはどういう意味?漢字で「屹立」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になる語句が耳に残りました。 「なんともキツリツとしていて…」 きつりつ。。。 この「キツリツ」とはどういう意味になるのでしょうか? ハッキリしなかったので、早速調べてみました。 「きつりつ」とは漢字で「屹立」と記述して、高くそびえ立つ、または、人がジッとして動かずに立っている、との意味になるのだそうです。「屹立(きつりつ)」の前半、「山」に「 […]

  • 2020-02-27
  • 2020-02-18
  • 0件

「倦む」とは何と読む?またどういう意味?正解は「あぐむ」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みの分からない漢字に目が止まりました。 「○○は倦んでいる様子で…」 倦んで。。?? 倦む??? この「亻(にんべん)」に「巻」と記述する「倦」との文字は何と読むのでしょうか? はっきり分からなかったので、早速調べてみました。 「倦む」とは「あぐむ」と読んで、今回の場合は、飽きている、との意味になる模様でした。「亻(にんべん)」に「巻」と記述する「倦」との […]