Tag Archives: 語源

「めっそうもない」の「めっそう」とはどういう意味?「滅相」と記述するのだそうです。

先日仕事中での会話の中で、ふと気になる文言が耳に残りました。 「イエイエ。メッソウもございません。」 「めっそうもございません」。。 もちろん、とんでもないです、とへりくだって恐縮している様を言っているのは理解しています…

Read More »

「きんぴらごぼう」の「きんぴら」とはどういう意味?その語源は?

先日子供と食事をしている時に、不意に質問されました。 「なんでキンピラっていうの?」 「ん?キンピラ??」 言われてみればなんでなんでしょう?? 早速調べてみました。 キンピラとは漢字で「金平」と記述して、「マサカリ担い…

Read More »

「せいこくをいる」とはどういう意味?「正鵠を射る」と記述するのだそうです。

ラジオを聴いていると耳馴染みのない文言が耳に残りました。 「彼の行いはまさにせいこくをいった形に…」 「せいこくをいった」?? まったく聞いたことがありません。 早速調べてみました。 「せいこくをいる」とは「…

Read More »

「蹴りがつく」は間違い?「けりがつく」とはどういう意味?またその語源とは?

先日、友人とメッセンジャーでやり取りをしている時の事。 「あいつとはいつか蹴りをつけなくては、」 「蹴りをつける」。。 この場合の「ケリ」って「蹴り」で良いのでしたっけ?? ちょっと気になったので早速調べてみました。 そ…

Read More »

「じんくす」とはどういう意味?語源は?「jinx」という英語が語源との事。

ラジオを聴いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。 「私のジンクスは…」 「じんくす」。。 なんとなく、おまじない的な、こういう時にはこうに行動する、といった、縁起を担ぐような行動パターンの事かとは思…

Read More »

「こぼんのう」とは「子煩悩」と記述する?「子」に対するの「煩悩」という事ですかね。

いよいよ今日は大晦日ですね。今年も有難うございました。 大晦日と言えば「除夜の鐘(じょやのかね)」。108つある煩悩を吹っ飛ばす金の音、というやつですね。ここでふと思ったのが、子供好きな人の事を「こぼんのう」と言いますが…

Read More »

「嘯く」とは何と読む?またその意味は?正解は「うそぶく」だそうです。

雑誌を読んでいると、難しい文言が目に止まりました。 「周囲に嘯く様子で…」 「嘯く」?? まったく読めません。 早速調べてみました。 「嘯く」とは「うそぶく」と読むのだそうです。嘘を言う、ほらを吹く、大げさに…

Read More »

「兎に角」とはどういう意味?「とにかく」との事。その語源は?

小説を読んでいると、ちょっと読みの分からない文言が目に止まりました。 「兎に角、明日の…」 「兎に角」?? 「ウサギにツノ」?「カド」?? まったく意味が解りません。 早速調べてみました。 「兎に角」とは「と…

Read More »