Tag Archives: 専門用語

そもそも「アルマゲドン(ハルマゲドン)」とはどういう意味?英語で「Armageddon」ギリシャ語で「Harmagedōn」と記述するとの事。

雑誌を読んでいると、またひとつちょっと気になるカタカナ英語を目にしました。 「大ヒット映画アルマゲドンに出演されていた…」 「アルマゲドン」。。 ハルマゲドン、とも見聞きしますが、これも同じ意味になるのでしょ…

Read More »

「とがき」とはどういう意味?漢字で「ト書き」と記述するとの事。 

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと意味不明な語句が耳に残りました。 「必ずトガキで終わる形式で…」 「とがき」。。。 この「トガキ」とはいったいどういった意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので…

Read More »

そもそも「チェケラ」とはどういう意味?英語で「Check it out」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になるカタカナ英語が耳に残りました。 「是非聴いてね~、チェケラ!」 「チェケラ」。。 なんとなく耳馴染みのあるカタカナ英語ですが、ピップポップ系のスラング的な用語か何かになるの…

Read More »

そもそも「パクる」とはどういう意味?その語源は?大きな口をあける意味の「ぱくり」に関連しているとの事。

先日知人と話している時の事、ちょっと気になる語句が耳に残りました。 「提案したプランをパクられちゃって…」 「パクる」。。 盗まれる、盗用される、といった意味なのはもちろん分かりますが、そもそもこの「ぱくる」…

Read More »

「ダブルトラック」とはどういう意味?英語で「double track」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になるカタカナ英語が耳に残りました。 「スキャンダルにもダブルトラックで…」 「ダブルトラック」。。 誰かのコメントで使われたカタカナ英語らしいのですが、この「ダブル…

Read More »

そもそも「クーデター」とはどういう意味?フランス語で「coup d’État」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、効き馴染みのあるカタカナ英語が耳に残りました。 「軍部のクーデターもあり得る事態で…」 「クーデター」。。 昨今の緊迫した世界情勢のニュースでしたが、そもそもこの「クーデター」とはどうい…

Read More »

「テダデ会談」?「テタテ会談」?とはどういう意味?フランス語で「tete-a-tete」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつ耳馴染みのないカタカナ英語が耳に残りました。 「首相はテダテ会談を…」 「テダテ」。。 手立てカイダン?? ちょっと意味がわからなかったので早速調べてみました。 「テダテ」調べ…

Read More »

「チート」とはどういう意味?英語で「cheat」と記述するとの事。

子供がゲームをしながらしていた会話に、ちょっと気になるカタカナ英語がありました。 「この人チートしてる!」 「ちーと」?? これってどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので早速調べてみました。 「チート」…

Read More »

そもそも「青写真(あおじゃしん)」とはどういう意味?またその語源は?英語でも「blue print(ブルー・プリント)」と言われるとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと気になる語句に目が止まりました。 「青写真を描くことが大切で…」 「青写真」。。 あおじゃしん、ですよね。予定を立てておく、未来を考えておく、との意味になるのかとは思います…

Read More »

「セルフエフィカシー」とはどういう意味?英語で「self efficacy」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になるカタカナ英語を耳にしました。 「やはり自らセルフエフィカシーを高める…」 「セルフエフィカシー」。。。 前半の「セルフ」は、自分で、自ら、といった意味の「Sel…

Read More »