Tag Archives: 四字熟語

そもそも「しんらばんしょう」とはどういう意味?漢字で「森羅万象」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる四字熟語が耳に残りました。 「この世のシンラバンショウ…」 しんらばんしょう。。。 この世のすべて、といった意味になるのかとは理解していますが、そもそもこの「しんらばんし…

Read More »

「ごうほうらいらく」とはどういう意味?漢字で「豪放磊落」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつ意味のハッキリしない四字熟語らしい語句を耳にしました。 「本当にゴウホウライラクな人で…」 ごうほうらいらく。。。 話の流れからなんとなく、豪快な人、といったイメージになるのか…

Read More »

「傲岸不遜」とは何と読む?またその意味は?正解は「ごうがんふそん」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ意味がハッキリしない四字熟語に目が止まりました。 「傲岸不遜な態度で…」 傲岸不遜。。。 コレって何と読むのでしょうか?またその意味は? ちょっと気になったので、早速調べてみました。…

Read More »

「悲憤慷慨」とは何と読む?またその意味は?正解は「ひふんこうがい」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みの分からない四字熟語がありました。 「悲憤慷慨して…」 悲憤慷慨。。。 まったく意味が分かりませんが「悲」の文字から、悲しい意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので早速…

Read More »

「ふしょうふずい」とはどういう意味?漢字で「夫唱婦随」と記述するとの事。

ラジオを聞いているとまたひとつ、ちょっと意味の分からない四字熟語?が耳に残りました。 「やはりフショウフズイが…」 ふしょうふずい。。。 これってどういう意味になるのでしょうか? まったく意味が分からなかった…

Read More »

「曲学阿世」とは何と読む?またどういう意味?正解は「きょくがくあせい」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ読みの分からない四字熟語を目にしました。 「事実でない曲学阿世している…」 曲学阿世。。。 きょくがく、、あせ?? まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「曲学阿世」と…

Read More »

「たいぜんじじゃく」とはどういう意味?漢字で「泰然自若」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつちょっと気になるカタカナ英語が耳に残りました。 「不測の事態でも、タイゼンジジャクとして…」 たいぜんじじゃく。。。 タイゼン、、、自弱?? まったく意味が分かりません。早速調…

Read More »

「多事多端」とはどういう意味?またなんと読む?正解は「たじたたん」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと気になる四字熟語に目に止まりました。 「これまで多事多端な日々を…」 多事多端。。。 たじ、たたん、、でしょうか? 前後の内容と漢字の意味から、多くの事柄、といったイメージ…

Read More »

「万邦無比」とは何と読む?またその意味は?正解は「ばんぽうむひ」と読むとの事。

雑誌を読んでいると、ちょっと読みの分からない四字熟語を目にしました。 「これまでに万邦無比の…」 万邦無比。。。 まんほう、、むひ?? 話の流れから、他にない唯一のもの、といった意味になるのかとイメージしたの…

Read More »

「甲論乙駁」とは何と読む?またその意味は?正解は「こうろんおつばく」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつちょっと読みのハッキリしない四字熟語に目が止まりました。 「ただ甲論乙駁を繰り返すだけで…」 甲論乙駁。。 コウロン、オツ、、、。。 この「甲論乙駁」とは何と読むのでしょうか?また…

Read More »