Tag Archives: 読

「下横目」とはどういう意味?また何と読む?正解は「したよこめ」または「しもよこめ」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない語句に目が止まりました。 「下横目である…」 「下横目」。。 しもよこめ?でしょうか?どういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので早速調べてみました。 「…

Read More »

「無熨斗」とは何と読む?またその意味は?正解は「むのし(のし)」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない漢字が目に止まりました。 「無熨斗でよいと…」 「無熨斗」。。 まったく読めません。またどういう意味になるのでしょうか? ちょっと気になったので早速調べてみました。 …

Read More »

「鉄腸」とはどういう意味?また何と読む?正解は「てっちょう」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない文言に目が止まりました。 「鉄腸の意志の元…」 「鉄腸」。。 前後の話の内容から、なんとなく硬い意志、といった意味なのかとは理解できるのですが、これって何と読むのでし…

Read More »

「艶福家」とは何と読む?またその意味は?正解は「えんぷくか」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みのハッキリしない漢字に目が止まりました。 「艶福家で知られる…」 「艶福家」。。 ちょっと大人な意味になりますでしょうか? ちょっと気になったので早速調べてみました。 「艶福家」…

Read More »

「つごもり」とはどういう意味?漢字で「晦日」または「晦」と記述するとの事。

年末に関連して諸々調べていると、ちょっと気になる文言が目に止まりました。 「つごもり」 つごもり。。初めて聞いたような。早速調べてみました。 「つごもり」とは漢字で「晦日」または「晦」と記述して、月末、との意味になるとの…

Read More »

「矩を踰える」とは何と読む?またその意味は?正解は「のりをこえる」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ意味不明な語句に目が止まりました。 「人の道の矩を踰えるような…」 「矩を踰える」。。 まったく意味が分かりません。 早速調べてみました。 「矩を踰える」とは「のりをこえる」と読ん…

Read More »

「繙く」とは何と読む?またその意味は?正解は「ひもとく」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない漢字が目に止まりました。 「歴史を繙く…」 「繙く」。。 ばんく?じゃないですよね。 ちょっと気になったので早速調べてみました。 「繙く」とは「ひもとく」と読んで、書…

Read More »

「率先垂範」とは何と読む?またどういう意味?正解は「そっせんすいはん」と読むとの事。

読書をしているとまたひとつ、ちょっと気になる四字熟語が目に止まりました。 「自らが率先垂範して…」 「率先垂範」。。 前後の話から、難しい事に進んで飛び込む、といった意味で使われているのかと思いますが、これっ…

Read More »

「平身低頭」とは何と読む?またその意味は?正解は「へいしんていとう」と読むとの事。

読書をしていると、ちょっと読みの分からない四字熟語が目に止まりました。 「平身低頭の姿勢で…」 「平身低頭」。。 頭を低く身を隠す、災害から身を守る、といったイメージでしょうか? ちょっとはっきりしなかったの…

Read More »

「欣喜雀躍」とは何と読む?またその意味は?正解は「きんきじゃくやく」と読むとの事。

読書をしていると、またひとつ意味のはっきりしない四字熟語が目に止まりました。 「欣喜雀躍の如く…」 「欣喜雀躍」。。 何と読むのかさっぱり分かりません。早速調べてみました。 「欣喜雀躍」とは「きんきじゃくやく…

Read More »