芸能界のお金の数え方ってどういう意味?

テレビ業界の用語を誇張して連発する「夙川アトム(しゅくがわあとむ)」さんって、面白いですね。でも良く考えないと、意味が分からないんですよね。でも、そんなヒトクセある所がたまらなかったりします。
連載中の「ちゃいちーのろーたーくん」も欠かさずチェックしてます。

そんないわゆる、「業界用語」で思い出したのですが、ツェーマン?とかゲーマン?とか、お金の数え方が特殊ですよね。意味が分からなかったので、調べてみました。

元々はドイツ語で、クラシック奏者に対するギャラの呼び方として、使われていたようです。数字の読み方ではなく、「ドレミファソラシド」をアルファベットで表現した際の「CDEFGABC」のドイツ語読みなんだそうです。

ですので、

  • 「1」=「C」 1万円=ツェーマン
  • 「2」=「D」 2万円=デーマン
  • 「3」=「E」 3万円=イーマン
  • 「4」=「F」 4万円=エフマン
  • 「5」=「G」 5万円=ゲーマン
  • 「6」=「A」 6万円=エーマン
  • 「7」=「B」 7万円=ハーマン

と、呼ばれているようです。

一般人の私たちが使うことはまずないとは思いますが、すでに業界内でも死語になりつつあるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*