ウソ?本当?相撲は国技ではありません。

野球賭博問題で大揺れの相撲界ですが、今後どうなるのか目が離せませんね。

ところで、「日本の国技は?」と聞かれたら、一般的には「相撲」と答えるのが普通ですが、国の機関からの公式な取り決めなど無いことを、皆さんはご存知だったでしょうか?

ではなぜ国技と言われるようになったのか。

1909年、両国に常設の相撲館が完成した際に、「国技館」と命名。当時の委員会、親方衆が決めたものですが、これは国の認証など一切なく、言わば勝手に「国技」と名乗っているだけなんです。

但し補足しておくと、国によって「国技」と法令で定義している国の方が少ないようです。例をあげると、アメリカといえばベースボールですが、こちらも法令では決まっていないようです。逆に、韓国のテコンドー、カナダのアイスホッケーなどは、国が法令で定めているようです。

「国技」と言われると重々しいですが、「国民的スポーツ」と言えば、受け入れやすいですね。と言う意味では、日本も「野球」の方が有名なのでは・・・などと考えてしまいます。「国技」は柔道でも良いのでは、などとも。

もしかしたら今回の角界の不祥事問題で、「国技」の名称が外れてしまうかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。