かぶきもの(傾奇者・歌舞伎者)とは?

かぶき者(傾奇者・歌舞伎者)とは、派手な身形や行動を好み、常識から逸脱した行動をする者の総称。戦国時代末期から江戸時代初期にかけて流行したようです。

女物の派手な着物をマントのように羽織ったり、動物の毛皮やビロードをあしらったり、大きな刀剣類を所持したり。多くは徒党を組んで行動し、無銭飲食や窃盗などの乱暴行為を行いました。その多くは、武家奉公人など身分の低い者が多く、社会的な立場や生活の貧しさへの不満から、社会への反発行為として行っていた模様です。

現代で言うなら、暴走族やヤンキー、チンピラ、やくざ者、といったアウトローな人達でしょうか。

ですがその文化も長くは続かず、江戸時代中期頃より取り締まりが厳しくなり、その姿は徐々に減少していきますが、彼らの持っていた美意識だけは現代でも「歌舞伎」として受け継がれ、立派な文化芸能として継承され続けています。

[ LINK ] : 「でっけえ歌舞伎」入門 マンガの目で見た市川海老蔵 (講談社プラスアルファ新書)

One thought on “かぶきもの(傾奇者・歌舞伎者)とは?”

  1. 現代で言うなら、暴走族やヤンキー、チンピラ、やくざ者、といったアウトローな人達でしょうか?

     時空を超えてバカ海老も伝統の「血」が騒いだのかな?

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。