「謹啓(きんけい)」の使い方。意味は?

先日メールで見慣れない語句を目にしました。

「謹啓 師走の候 ますます・・・」

謹啓?
なんて読む?

早速調べてみました。

「謹啓」とは「きんけい」と読むそうです。文頭の挨拶で馴染み深い、「拝啓(はいけい)」と同様に使用しますが、拝啓よりも畏まって伝える場合、さらに丁寧に伝える場合に使用する、との事でした。また他にも同様の意味で、「粛啓(しゅくけい)」「恭敬(きょうけい)」という言い方もあるそうです。

イヤー、まだまだ知らない日本語がたくさんあります。
日々勉強ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

コメントは承認待ちです。表示されるまでしばらく時間がかかるかもしれません。