「関の山(せきのやま)」とはどういう意味?

ラジオを聴いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。

「限界でもこのくらいがセキノヤマで…」
「せきのやま」。。

なんとなく、頂点、限界点、といったイメージで認識していますが、この「せきのやま」とは本来どういう意味なのでしょうか?

ちょっと気になったので早速調べてみました。

「せきのやま」とは漢字で「関の山」と記述して、はじめの「関(せき)」とは、現在の三重県亀山市の旧名称、関町の「関」。後半の「山(やま)」とはお祭りに使われる「山車(だし)」の事なのだそうです。意味としては、これ以上ない、といった意味になるとの事。語源は諸説あるようで、「関町の山車」が大変贅沢な作りであった為との説。お祭りに多数の山車が出て、軒先スレスレで進行する様子からなどと言われている模様です。また嫌味を含んだ文言の為、ポジティブな言い回しには使わないとの事。

なるほど!「関町の山車」だったのですね。
目から鱗な発見でした。人生日々勉強です。