Tag Archives: 起源

「きんじとう」とはどういう意味?またその語源は?漢字で「金字塔」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、またひとつ耳に残る語句がありました。 「キンジトウをうちたてた…」 「きんじとう」。。 もちろん聞いた事はあるし、凄い事をした、偉業を達成した、といったような意味かとは思いますが、コレっ…

Read More »

「きせきにはいる」とはどういう意味?漢字で「鬼籍に入る」と記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと気になる文言が耳に残りました。 「キセキにはいる訳ですが…」 「きせきにはいる」。。 奇跡?ミラクル、じゃないですよね?早速調べてみました。 「きせきにはいる」とは「鬼籍に入る」…

Read More »

ローマ字の書き方の意味とは。訓令式(日本式)とヘボン式の二種類あるとの事。

新聞を読んでいると、ちょっと気になる記事が目に止まりました。なんでもローマ字の学習でその表記をどのようにしたら良いのか混乱しているとの事。 あ、コレ。私も時々気になる話題です。例えば、「シ」を「si」と書くか「shi」と…

Read More »

「つかさつかさ」とはどういう意味?漢字で「司司」「官々」などと記述するとの事。

ラジオを聞いていると、ちょっと意味の分からない語句が耳に残りました。 「つかさつかさで対応する…」 「ツカサツカサ」。。 まったく意味が分かりません。早速調べてみました。 「つかさつかさ」とは、漢字で「司司(…

Read More »

「きりきりまい」とはどういう意味?「きりきり舞い」と記述して「てんてこ舞い」とも共通の語源・由来がある模様。

ラジオを聴いているとちょっと気になる語句を耳にしました。 「それはもうキリキリマイで…」 「きりきりまい」。。 ピンクレディーの曲「きりきりまいよっ、きりきりまいよっ、魔球は~魔球は~」で皆様ご存知「サウスポ…

Read More »

「ひのえうま」とはどういう意味?十干と十二支の組み合わせて漢字で「丙午」と記述するとの事。

ラジオを聴いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。 「私の姉がヒノエウマなんですよ。」 「ひのえうま」。。 なんとなく生まれ年の干支の感じなのかとは理解しているのですが、コレってそもそもどういう意味なのでしょうか…

Read More »

最近関東でも定番になりつつある「恵方巻(えほうまき)」の起源とは。関西地方では古くからの慣習のようですが皆様やられてますか?

本日は節分ですね。鬼はそとー、福はウチー、ってヤツですね。災いを追い出して幸運を呼び込もう、という趣旨ですよね。 多くの家庭ではお父さんが鬼になって逃げ回る事になろうかと思います。皆さん頑張りましょう。 で、我が家ではや…

Read More »

「せいこくをいる」とはどういう意味?「正鵠を射る」と記述するのだそうです。

ラジオを聴いていると耳馴染みのない文言が耳に残りました。 「彼の行いはまさにせいこくをいった形に…」 「せいこくをいった」?? まったく聞いたことがありません。 早速調べてみました。 「せいこくをいる」とは「…

Read More »