LED(エルイーディー)とは何ですか?

そのまま表示されていると、間違いなく「レッド」と読んでしまいます、最近噂の「LED(えるいーでぃー)」。

LEDのテレビなどは高額商品ですのでちょっと敷居が高いですが、最近では100円均一やホームセンターなどで、LED製の電球や懐中電灯などのライト類なども出回っていて、いつの間にか身近な商品になっているようです。

ですが、そもそも「LED」って何でしょう?

ちょっと調べてみました。

正式名称は「Light Emitting Diode(ライト・エミッティング・ダイオード)」。それぞれの頭文字をとって「LED(イーエルディー)」となります。「発光ダイオード」とも呼ばれており、電圧を加えた際に発光する半導体素子のことだそうです。

従来の電球のように、フィラメントが燃え尽きる=寿命のようなことはなく、発光ダイオードの寿命は無く永遠に発光しますが、関連する金属部の劣化などにより、使用不能となるようです。その使用時間は白熱電球の比ではなく、使用する電気量も抑えられますので、地球環境にも優しい素材です。

発光する色はその素材によって変化するようで、困難だった青色発光ダイオードの実現により、現在新たな分野への波及が進められています。

冒頭で述べた懐中電灯や電球は、白色発光ダイオードの商品として、広く出回っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*