「了解しました」は正しい敬語?

分かっているようで意外と知らない敬語ですが、今回紹介するのもその一つ。業務上でも私生活でも、口頭でもメールでも、使ってしまいがちな「了解しました」です。

「了解」に「しました」をつければ丁寧語にはなりますが、尊敬語にはなりません。ですので「了解しました」は、部下や同僚などに使うのなら大丈夫ですが、お客様や目上の人に使うのはNGです。

唯一、警察や軍隊などでは上司、上官に向かって「了解しました」というのは、一般的になっておりますが、一般社会ではその使い方は好ましくありません。そもそも元をたどれば、映画やドラマの影響で、「了解しました」との語句を耳にすることが多く、普通に一般社会でも使うようになったのかとも感じます。

正しくは「承知しました」、または「かしこまりました」が適当です。

仲の良い間柄や友達関係内では、なんの問題もないと思いますが、業務上での言葉使いは、会社の看板を背負ってお仕事をされている訳ですから、自分も会社も恥をかかないよう、注意が必要ですね。



One thought on “「了解しました」は正しい敬語?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>