金メダルは銀製って本当ですか?

ある人から面白い話を聞きました。

オリンピックの金メダルは、実は銀製なのだと。
つまり、金メッキされている「金メッキメダル」なのだと。

天下のオリンピックのトップに送られる金メダルがメッキ?

にわかに信じがたかったので、ちょっと調べてみました。

いろいろ調べてみると、どうやら本当のことのようです。
オリンピック憲章に「純度92.5%以上の銀製メダルの表面に6g以上の金メッキしたもの」との一文もあり、どうやら噂は本当のことのようです。

純金製にできない理由として、重さ、コストの問題、銀メダルの100倍くらいの価格になってしまう事。盗難防止の為、などなど。そもそも1回目のオリンピックの時には金の生産自体が行われていなかったのだとか。

なんだか夢を壊すようで、大きな声じゃ言えないですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*