野球はなぜ9回まで?

高校野球を見ていてふと思いました。何故9回までなのでしょうか?キリが良い10回とかのほうが分かりやすいんじゃないかと思いますが。

早速調べてみました。

元々野球は21点先取した方が勝ち、と言うルールだったのだそうです。ですがこれでは試合終了後の食事の予定がたてづらいと、チーム専属のシェフからクレームが出たとの事。そこから9回までに得点数が多かった方が勝者というふうに変更になったのだそうです。
また何故9回なのかという疑問に対しては、当時3の倍数である12進法が頻繁に使われていたようで、9回というのが馴染み易かったのだとか。言われてみれば、三振で3アウト、選手も9人と、確かに3の倍数が多く使われています。

元のルールである21点取った方が勝ち、というのも3の倍数ですね。20点でイイじゃないかと思っていましたが、そのような理由だったのですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*