都市鉱山とは何ですか?

最近よく耳にする「都市鉱山」ですが、都市の中に採掘現場がある訳ではありません。

これは、携帯電話や各種家電製品などに含まれる、リサイクル可能な希少金属を指して使われています。

一説によると、天然資源として産出している資源国の含有量を超えるほどの量が、眠っているとかいないとか。

この眠っている資源を利用できればいいのですが、個人情報の流失を恐れて、携帯電話などを破棄せず、保管する人が増えて、回収率が下がっているのだとか。

かくいう私も、歴代の携帯をキープしている一人なのですが、回収方法をもう少し、ユーザーの有益になるよう考えてもらえれば、回収率は一気に加速するのではないかと、一人考えています。

昔、良くコーラの瓶を拾って歩いて、10円とかもらいましたよね?

単純にキャッシュで還元するのはどうでしょう?購入時に上乗せしておいてもいいのでは?

データ流失の心配に関しては、回収時にユーザーさんの目の前でハードディスクに穴を開けるなどの処置で、安心してもらうとか。

限りある資源ですから、皆でよく考えて利用したいですね。

[ LINK ] : 地上資源が地球を救う―都市鉱山を利用するリサイクル社会へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*