試金石(しきんせき)とはどういう意味?

「今後を示す試金石となる」などと使われる、試金石(しきんせき)。

本来の意味は読んだ字の如く、金の品質を調べる為に使われる黒い鉱石の事で、金をこすりつけてその条痕で、純度などを調べるものの事です。それが転じて、「人や物事の価値を判断する目安、試練」などを表すようになっています。

「当ブログにとってこの記事が今後を占う、試金石となる。」

皆様今後ともご贔屓のほどよろしくお願い申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*