英語でよく聞く「ノーウェイ(no way)」とはどういう意味?

基本的に外国映画はその国の言語で観覧します。
主に英語の映画が多いでが。

そんな中で以前よりなんとなく耳馴染みのある単語。
「そんな訳ないじゃん」的な意味のシーンでよく聞きます「ノーウェイ」との単語。
これって本当はどういった意味なのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

「ノーウェイ」とは「no way」と記述して、 直訳すると「道がない」となりますが、翻訳すると「方法がない」との訳。
さらに調べてみるとやはり予想していた通り、「絶対無理!」「まさか!」「うそでしょ!」といった完全否定する意味のほかに、「信じられない!」「すごい!」「ハンパじゃないね!」といった肯定的な意味でも使われるのだそうです。

肯定する意味では日本語で言うところの「ヤバい!」に似ている感じがしますね。
ニュアンスとしてはイメージしていた通りのようでした。

子供の頃から音楽や映画で英語には馴染みがあるので、知らない間にヒアリングはなんとなく出来ているんですよね。
来年は英語も頑張っちゃおうかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*