織田信長(おだのぶなが)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)、徳川家康(とくがわいえやす) 3武将の年の差は?

NHKの大河ドラマでは度々登場する日本史の武将達ですが、私も好きで大河ドラマ関連は欠かさず見ています。特に多くテーマにされるのは戦国時代の動乱の時代がドラマティックで見応えがあります。

信長、秀吉、家康、と言えば誰でも知っている時代を作った有名な武将ですが、この三人って同じ時代を生きてたんですよね。順番からいって信長さんが最年長で家康さんは最年少だとは思いますが、一体どのくらいの差があるのでしょうか。

ちょっと調べてみました。

すると諸説若干の差はあるものの、以下のような年の差のようです。

  • 1534年生 織田信長
  • 1536年生 豊臣秀吉
  • 1542年生 徳川家康

信長さんと秀吉さんが2歳差で、秀吉さんと家康さんが6歳差。
ちなみに信長さんは49歳で本能寺でお亡くなりになり、秀吉さんは63歳。家康さんは75歳まで御健在だったのだそうです。そう考えると信長さん亡き後、秀吉さんは16年間。秀吉さん亡き後の家康さんは18年間、日本を納めていたんですね。

しかし家康さんの75歳とは、人生50年と言われている中で大大往生だったんですね。
彼らの歴史の上に今の自分たちがいると思うと、大変興味深く、感慨深いですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*