相撲は年6場所(本場所)と決まっているんですね。

先日何気にラジオを聴いていると気になる話題が。相撲は年に六場所と、開催する場所は、毎年固定で決まっているんだそうです。それまであまり意識しておりませんでしたが、今度は名古屋、次は仙台、その次は国技館。というように、不定期でその都度開催する地区が決められておるのではと、勝手に想像しておりました。正式には以下の通りです。

  • 大相撲一月場所
    1月東京・初 両国国技館
  • 大相撲三月場所
    3月大阪・春 大阪府立体育館
  • 大相撲五月場所
    5月東京・夏 両国国技館
  • 大相撲七月場所
    7月名古屋 愛知県体育館
  • 大相撲九月場所
    9月東京・秋 両国国技館
  • 大相撲十一月場所
    11月福岡 福岡国際センター

奇数月に開催される六場所を「本場所(ほんばしょ)」と言い、合間の偶数月には「巡業(じゅんぎょう)」を行うとの事。こちらの巡業は、別名「稽古場所(けいこばしょ)」とも言われ、相撲の普及の為に全国をまわって行うようです。ニュースなどで見る「巡業」と、「本場所」を混同してイメージしていたようですね。

混乱の「秋場所」を乗り切って、相撲騒動も落ち着いてほしいですね。大多数の「マジメ」な力士の皆様にエールを送ります。頑張ってください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*