気になる体臭 わきが(ワキガ)について。

汗を頻繁にかく夏に気になるのが体の臭い。特に女性は要注意ですね。体臭の代表格として「わきが(腋臭症/えきしゅうしょう)」がありますが、黒人はほぼ100%、欧米人では70~90%、日本人では10%~15%の割合だそうです。ほぼ全員「ワキガ」の黒人社会や欧米社会では、フェロモン的な効果さえあると言われております。少数派の日本で目立ってしまうのは仕方ないですね。

原因は汗の種類で、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類の汗があります。前者の「エクリン腺」は全身にありサラっとした汗を分泌するのに対し、「アポクリン腺」は脇の下や生殖器の一部にあり、ここから出る汗は粘り気があり、普通の汗や脂質などと混ざりあって、細菌によって分解されると、匂いを伴う物質が生成される、といったメカニズムらしいです。

つまり、「アポクリン腺」の多さによって「わきが」になるという事。耳の中もアポクリン腺がある場所なので、「耳垢」の乾いている人ほど少なく、湿っている人ほど多い。湿り気のある耳垢の方は「わきが体質」である可能性大です。

匂いの予防法は常に清潔にするといった事が一番。お風呂に入る、アルコールを含んだケアグッツの活用など。脇毛を剃ってしまうのも効果的です。食事も脂っこいものは避けて、野菜を多く取ると良いようです。レーザー治療や美容整形、外科手術などの方法もありますが、体への影響もありますのでその選択は慎重に。

動物からの進化の過程で、縄張りや求愛行動に必要な匂い。脇毛や陰毛自体、本来はこの体臭を温存するためにある、という説もあります。日本人の意識として「くさい」=「不潔」というイメージがありますが、「ワキガ」は体質の問題であって、人によって背が高かったり低かったりするのと同じこと。周囲の人も「くさい」と嫌うばかりでなく、十分に理解し、それも一つの「個性」として、受け入る心を持つべきと私は思います。

[ LINK ] : 腋臭症 – Wikipedia
[ LINK ] : たった30分で治るワキガ・多汗症―最新超音波治療のすべてがわかる本


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*