「本気・真剣・リアル」の意味で「ガチ」と言いますが、そもそも語源はなんでしょう?

ラジオを聴いていると、新人歌手の若者が楽しげにトークをしていました。

「いやーガチで演奏してるので・・・」
「口パクなしのガチで・・・」

「ガチ」。。

「真剣」「本当」「本気」といった意味なのは理解しているのですが、これってそもそもどういった言葉なのでしょうか?
ちょっと気になったので調べてみました。

そもそも「ガチ」とは、「ガチンコ」の略語で、この「ガチンコ」とは相撲用語で八百長なしの「真剣勝負」の事を言っているのだそうです。また練習時などのウォーミングアップ的な軽い練習に反して、真剣に真正面から取り組む練習も「ガチンコ」というのだそうです。

なるほど、そもそも相撲の世界の専門用語だったのですね。
一般的に社会に広まったのは、ジャニーズの人気グループ、TOKIO司会でTBSで放映されていた「ガチンコ」で有名になった模様です。

今ではどこでも聞かれる言葉ですもんね。
時代と共に変化する言葉って面白いですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*