時代の寵児(ちょうじ)とはどういう意味ですか?

「時代の寵児(ちょうじ)」と聞くと、問題になる前のホリエモンさんとか、楽天の三木谷社長を思い出します。

なんとなく意味は分かりますが、寵児(ちょうじ)ってどういう意味なんでしょうか?

ちょっと調べてみました。

寵児(ちょうじ)とは、特別に可愛がられた子供、またはもてはやされている人物、とのこと。

寵(ちょう)は、特別に可愛がる。気に入られる。といったことだそうで、「寵愛(ちょうあい)」と、同じ意味ですね。

寵(ちょう)って漢字を、はじめて真剣に見たような気がします。ウ冠に龍と書くのですね。家の中で可愛がられて育つ龍。といったイメージなのでしょうか。

人様から可愛がられる、寵される人になりたいのもですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*