「液晶」とは何ですか?

ふと思いました。

「液晶、えきしょうと言っているけど、液晶ってなんだろ??」

その昔は、デジタル時計やゲームウォッチ、電卓などでよく使われていて、モノトーンのイメージでしたが、最近ではTVやPCのディスプレイなど、あらゆる商品に利用されています。

ちょっと調べてみました。

「液晶(えきしょう)」とは、個体の結晶と非常に近い構造を持っている液体で、液体の「液」と、結晶の「晶」をとって「液晶」と呼ばれる、液体と固体の中間的な物質との事。

その材料は、ただの水ではなく、「液晶材料」と呼ばれる化学物質からできています。電気的な刺激を与えると、光の屈折などが変化し、様々な色の表現が出来るため、現在幅広い分野で使用されているとの事。

と、簡単にはこんな感じらしいです。

ブラウン管しかなかった時代が、遠い過去のようですが、薄くなったTVやモニターが当たり前になっているのも、「液晶」のお陰ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*