モノカルチャー(mono culture)とはどういう意味?

新聞を読んでいると、知らないカタカナ英語に遭遇しました。

「モノカルチャー」

「カルチャー」は文化といった意味かと思いますが、「モノ」とは?「モノカルチャー」??

早速調べてみました。

「モノ(mono)」とは「単一」との意味だそうで、つまりは「単一の文化」、「単一の精神」、また「カルチャー(culture)」は、栽培との意味でもあるようで、単一の農産物を生産するといった意味でもあるようです。

また、単一で農産物を栽培していると、災害時や価格の影響に対して非常にリスキーな一面を持つ為に、ある特定の物事に依存する仕組みを「モノカルチャー」と呼ぶそうです。

ひとつの所に留まっていては前進できない、発展しない、という事でしょうか。確かにそうかもしれませんね。「現状維持」より、「勇気のある失敗」をした方が良いのかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*