「エポックメーキング(エポックメイキング)」とはどういう意味?「epoch-making」と記述するのだそうです。

日常いろいろな場面で遭遇するカタカナ英語ですが、今回もその一つを解説します。

「エポックメーキング」とは、英文では「epoch-making」と書きます。

epoch = 時代、紀元
making = 作る

つまり、革新的なものを作る、革命的、新時代を創造する、といった意味になります。
使い方としては「エポックメーキングな仕事だ。」とか「エポックメーキングな技術」などでしょうか。
ちなみにこちらの文言は日本オンリーのカタカナ英語ではなく、英語圏でも使われるとの事。

私も「エポックメーキング」なことをしてみたいと、常日頃考えております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*