インフルエンザの種類 A型,B型,C型 風邪とは違う?

世界的に流行している新型インフルエンザですが、ワクチンも足りないとかで少々不安です。

「インフルエンザウィルスってなんなの?香港A型とかC型とか??」

「風邪はウィルスじゃないけど、インフルエンザはウィルスなんだ。」

なんて、勝手に考えていましたが、最近のパンデミックを機に、ちょっと調べてみました。

まずはじめに、風邪とは何ぞやと。
初めっから私間違えてました。

風邪はいろいろな症状を伴うので「かぜ症候群」とされ、病原は80~90%がウィルス、10~20%が細菌などとの事。

何だ、種類は様々だけど、風邪もウィルスの仕業なのね。

そして、ブームのインフルエンザ。

大きく分けるとインフルエンザウィルスでも、A型、B型、C型、と3種類あり、

  • A型 : 人に感染するものは少なく、多くは水鳥などの野生生物を宿主とする。変異することが多く多様性。
  • B型 : 人のみを宿主として、規模は小さいが地域的に毎年流行する。多様性も少ない。
  • C型 : 人だけを宿主として、4歳以下の小児に感染するが症状も軽く、一度かかると免疫もほぼ一生涯持続する。

と、いった感じ。

つまり問題は、いつも変化を繰り返していて、鳥やら豚やら人に感染するA型。ワクチンを作っても作っても形が変ってしまうので、常にイタチごっこといった感じ。

これまでにも、いろいろこのA型が悪さをした歴史があって、

  • 1918年 : スペインかぜ (H1N1亜型) 感染者6億人、死者4000~5000万人
  • 1956年 : アジアかぜ (H2N2亜型) 感染者300万人、死者5700人
  • 1968年 : 香港かぜ (H3N2亜型) 死者50万人

などが有名で、御覧の通り同じA型の中でもいろいろな型に分類されます。

その中で私がたまに耳にしていたのが、「H3N2」のA香港型や「H1N1」のAソ連型と言われているものでした。

今現在、世界的に流行しているのは、過去最大の被害をもたらした「スペインかぜ」と同じ型の「H1N1」の亜種。メキシコで発症し始めた頃は「ブタインフルエンザ」とも言われていたように、豚から人へ感染するよう変化したインフルエンザによって、今にいたっています。

根本的な解決はいまだないようですが、「スペインかぜ」が流行した時代とは、医療レベルも雲泥の差ですから、かかったとしてもあまりひどくならないよう、願うばかりです。

[ LINK ] : 一生インフルエンザにかからない体質の作り方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*