インフルエンザの潜伏期間ってどのくらい?

まさに今現在、インフルエンザが全国的に流行っております。予防には最新の注意を心掛けたいものですが、個人の努力で100%防げるかといったら、そうでもないのが現状ではないでしょうか。

インフルエンザにもしかかってしまった場合、感染から発症までの「潜伏期間」は、おおよそ1~2日、長い場合でも7日間ほどだそうです。

ごくまれに、感染しても発症せず、ウィルスを排除してしまうほどの免疫力がある方もいらっしゃるようですが、これはとてもレアなケース。大体の人は、「あれ?」と思ったら、1~2日後には発熱しているといった場合が多いようです。

大抵の場合、発熱は長くは続かず1~2日で回復するそうですが、いわずもがなその時は立派な「キャリア(保菌者)」になっている訳ですから、咳やくしゃみなどで、周りの方にうつさぬよう心がけてください。

「あれ、おかしいな?」と思ったら、まずは休養することが一番。無理して通学・出勤してしまうのは、タブーですのでご注意を。

[ LINK ] : 麻疹が流行する国で新型インフルエンザは防げるのか


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*