「ごうにはいる」とはどういう意味?正しくは「堂に入る(どうにいる)」です。

なんとなく知ってはいるものの、満足に理解していない四字熟語ですが、ラジオを聴いていると「ごうに入る」との語句が耳につきました。なんとなく「立派になった」といったニュアンスのたとえかと思いますが、キチンと把握しておりませんでしたので、改めて調べてみました。

調べてみてびっくり。まず「ごうに入る」ではなくて、「堂(どう)に入る」の勘違いだったようです。調べて本当に良かったです。
意味としては、優れた技術力がある、といった意味となるようです。由来としては中国の孔子の話がルーツのようですが、「堂」=「部屋」という事だそうで、「部屋に上がれる腕前」ということなのだそうです。さらに高い技術を持った人は、「奥座敷」、奥の部屋に入れるようになるのだけれどその一歩手前、といった意味なのだそうです。ですが現在では一歩手前的な意味は省かれて、「技術が高い」といった意味で使われるとの事。

まだまだ未熟な私のなので、日々精進していつか「堂に入った」と言われるよう、実感できるよう日々の生活に励みたいと思います。

[2014.7.10 追記]
タイトル部ルビが「どうにはいる」とタイプミスしておりました。正確には「どうにいる」です。
そのまま読むと確かに「はいる」なのですが、この場合は「いる」と読みますのでご注意ください。
ご指摘頂きありがとうございました。


4 thoughts on “「ごうにはいる」とはどういう意味?正しくは「堂に入る(どうにいる)」です。”

  1. この言葉は論語が出典で、
    孔子が弟子・子路の琴の腕前を評して言った言葉、
    「堂に昇り、室に入る」の短縮形です。
    子路の琴は最低限の奏法は身につけているが、まだうまいとはいえない。
    堂に昇ってはいるが(お屋敷には上っている)、
    室には入っていない(奥の間に入ってはいない)。
    孔子はそう評したのです。

    お屋敷に上り奥の間に入るところまでいくと名人。
    そんな省略語とは知りませんでした。
    本来なら「室に入る」なのに、中抜きされて
    「堂に入る」が言葉として残ったんですね。

    1. 弟子さま
      なるほど、そういった続きがあるのですね。
      ご丁寧に解説頂きありがとう御座います。

  2. どうにはいる ではなく、どうにいる だと思います。

    1. ご指摘ありがとうございます。
      単純に記述ミスだったようです。
      恐れ入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*