お七夜(おしちや)とは? 赤ちゃんの行事

赤ちゃんが誕生すると、いくつかお祝いの行事が控えています。地域や宗教などにより、いろいろあるかと思いますが、一般的な行事として、生後7日目にお七夜(おしちや)があります。

正式には、赤ちゃんの名前を書いた奉書紙を、白木の台にのせ、鯛や鯉を添えて贈り、無事に生まれてきた事への感謝、お披露目をして祝う行事です。毛筆で半紙に名前を書き、それを飾りつつ食事などをしてお祝いをするのが一般的なようです。

場合によっては、生後7日目はまだ入院しているケースもありますので、お七夜=退院祝いとして祝うケースも多いようです。

[ LINK ] : 赤ちゃん・子どものお祝いごと―出産から小学校入学までの行事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*