「霹靂」とはなんと読む?またその意味は?青天のへきれきの「へきれき」でした。

小説を読んでいると難しい漢字に遭遇しました。

「霹靂を恐れ・・・」
「霹靂」??

まったく読めません。
早速調べてみました。

「霹靂」とは「へきれき」と読んで、ことわざの「青天のへきれき」の「霹靂」だったようです。
意味としては、雷、雷鳴、カミナリが大きく響く様、といった意味になるようです。

なるほど、カミナリのことだったんですね。

ちなみに「青天の霹靂」とは、予想だにしない出来事が起こること、なのだそうです。由来としては、古い中国の詩人の逸話で、病気で床に就いていたのだが突然アイデアがわき、カミナリのように筆を走らせた。という事から言われているのだそうです。また「晴天の」とするのは間違いなのだそうです。

調べてみるといろいろ謂れがあって面白いですね。
日本語ってホント奥が深いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*