「身過ぎ世過ぎ」とはなんと読む?またその意味は?

小説を読んでいると、何やら見慣れない文言が目に入りました。

「身過ぎ世過ぎの・・・」
「身過ぎ世過ぎ」?
みすぎよすぎ??

ちょっと分かりませんでしたので、早速調べてみました。

読み方は、「みすぎよすぎ」で良いようで、意味としては、生計を立てる生業、世渡り、といった意味になるとの事。また「身過ぎ」は、生きていく為の仕事、生業、との意味で、「世過ぎ」というのが、世の中で生きていく事、といった意味になるようです。

主に落語や小説などで見受けられるようで、あまり普段から使われる言葉ではないようですね。

自分も「身過ぎ世過ぎ」のサラリーマンですが、生きていく為に日々前向きに努力したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*