「身の毛もよだつ」の「よだつ」とはどういう意味?

ラジオを聴いているとちょっと気になる文言が耳に残りました。

「怖すぎて身の毛もよだちますよー。」
「身の毛もよだつ」。。

もちろん「怖い」「恐怖」といった意味で使っているのは分かるのですが、この「よだつ」とはどういう意味なのでしょうか?
ちょっと気になったので早速調べてみました。

調べてみるとこの「よだつ」とは「平家物語」にも記述があり、古くから使われている文言なのだそうで、漢字で「弥立つ」と記述されるのだそうです。
意味としては「よだつ」=「立つ」、つまり毛穴が恐怖で立つ、毛が逆立つ、鳥肌が立つ、といった事のようです。

ほかに「よだつ」を使う文言ってありますかね?
一般的にはこの「身の毛もよだつ」くらいですよね。
普段何気なく使っている言葉も気にして考えてみると世界が広がって面白いです。
人生日々勉強ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*