「赤ちゃんはコウノトリが運んでくる」と言いますがこの話の由来は?なぜこうのとり?そもそもドイツの言い伝えから由来しているのだそうです。

先日子供に聞かれました。

「赤ちゃんは何処からお母さんのお腹に入るの?」

ベタな質問ですが、お母さんから生まれるのはもちろん承知で、なぜに妊娠するのか、という質問のようです。
これもベタに「コウノトリが赤ちゃんを運んで来てくれるんだよ」と。さらに「コウノトリって?」「鳥だよ」「鳥が運んでくるんだ!」とやっと理解してくれましたが、ココでちょっと疑問。なんで「コウノトリ」なのでしょうか?「ツル」や「トキ」のほうが日本的で分かりやすいと思うのですが。

ちょっと気になったので調べてみました。

そもそもこの話は日本発祥ではなく、ヨーロッパ、ドイツで古くから伝わる逸話が元になっているようです。その昔とある村に子供に恵まれない夫婦が暮らしていたそうです。ある日、夫婦が住む家の煙突に「シュバシコウ」なる鳥が巣を作り、卵を産み子育てを始めたそうです。シュバシコウを案じて煙突につながる暖炉などは使わずに見守ったのだそうです。子育てを終え無事に旅立つシュバシコウを見送ったその直後、念願の子供を授かった。という話から由来しているのだそうです。

「善い行い、優しい行い、善行をすれば報われる」とのメッセージがこもった「鶴の恩返し」とはストーリーは違いますが、「シュバシコウの恩返し」とでも言いましょうか、大変良い美談ですね。

この話が日本に伝わるときに「シュバシコウ」なる鳥が「コウノトリ」に置き換わったのだそうです。この「シュバシコウ」なる聞き馴染みのない鳥は、ドイツ及びリトアニアの国鳥で、ヨーロッパでは有名なのだそうです。「コウノトリ」と「シュバシコウ」は同じコウノトリ目コウノトリ科の鳥で、見た目もそっくりなのだそうです。推測するに、日本でこの逸話を伝える際、分かりやすいように馴染みのある「コウノトリ」にしてしまえ、と置き換えられたのでしょう。

ちなみに英語では「stork(ストーク)」というのだそうです。コウノトリを「Oriental stork (東洋コウノトリ)」というのに対して、シュバシコウを「White stork」というのだそうです。ヨーロッパで「stork」といった場合には一般的に「シュバシコウ」の事になるそうです。

なるほど、そういったおとぎ話的な逸話があったのですね。
またひとつ勉強になりました。
今度からは「厳密に言うとシュバシコウだよ。」と付け加えようと思いますw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*