「詐病」とは何て読む?その意味は?(さびょう)

先日、オウム関連の指名手配犯、平田容疑者が自首してきたのをはじめに受けた警察官がまともに相手にせず、実質一度取り逃がし再度自首してきた所を逮捕となって問題になりましたね。その警官もタチの悪いいたずらと思ったのでしょうか、一等引いた宝くじを捨てちゃったくらい残念なお話です。

関連した話題で新聞を読んでいると、教祖の松本智津夫死刑囚について「詐病だと思う。」との発言をしたのだそうです。

「詐病」??

聞いた事もなかったのでちょっと調べてみました。

「詐病」とは「さびょう」と読んで、字が表している通り、「詐欺(サギ)」の「病(やまい)」と言う事で、いわゆる「仮病(けびょう)」に近い意味なのだそうです。

仮病でイイじゃないかと一瞬思いましたが異なる点があるようで、「仮病」はその場しのぎで病気だとウソをつくのに対して、社会的・金銭的に何らかの利益を得る為に計画的につくウソで、かわいいウソの範囲でなく「詐欺行為」に当たるもののことを言うのだそうです。つまりこの場合は、精神鑑定で情状酌量を狙った詐欺行為、つまり「詐病」となるようです。

ホントにまだまだ知らない日本語がいっぱいあります。
今年も日々勉強です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*