「親書(しんしょ)」とはどういうもの?「新書」かと勘違いしてました。

中国、韓国、日本の各国間で領土問題をめぐって、きな臭い雰囲気になっておりますが、今後どのように進んでいくのでしょうか。どちらの国にとっても、穏便に済ませるのが一番で、騒いでいるのは一部の活動家、またはそれに乗せられた人々なのかとは思いますが。

関連して、ラジオなどで頻繁に聞く「しんしょ」との語句。

天皇や時の元首、総理大臣が送る公式の手紙の事なのだそうです。

始め「新書」と記述するのかと勘違いしていましたが、正解は「親書」ですよね。
「新書」は本の種類ですよね。

また調べてみると、「信書」っていうのもあるそうで、これは請求書や招待状、免許証や住民票といった、公的なものや重要なものを指しているようです。

同じ読みでいろいろな意味のある日本語って、本当に難しいですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*