「藪医者(やぶいしゃ)」の語源は?

腕の良くないお医者さんの事を「ヤブ医者」と言いますが、なんで「ヤブ」と言われるようになったのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

諸説いわれがあるようなのですが、「藪蛇(やぶへび)」とも言われる、藪を突いて蛇を出す。余計なところに手を出して、自体を難しくしてしまうたとえですが、こちらの「ヤブ」から来ているというのが主になっているようです。他にも、「野巫(やぶ)」と言われた霊能力者、占い師の類から来ているという説。藪の中にいるようで見通しが利かない、といった説などもあるそうです。

通ってみて、さらに比べてみないと分からないお医者さん選びですが、個人個人にあった選択もあるかと思います。何かあった時、良いドクターに出会えると良いですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*