「禅語(ぜんご)」とは何ですか?

「禅語(ぜんご)」とは禅宗、つまり仏教独自の言葉として広まったもので、先人たちの禅の心や、悟りの境地を綴ったものです。

有名なところでは、「一期一会(いちごいちえ)」も禅語の一節。

仏教独自の言葉とはいえ、宗教的なことを意識せずに使用されていることが多いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*