「砌」とはなんて読む?どういう意味?

先日、あるメールの文面で、見なれない言葉に遭遇しました。

「春分の砌~」?
「しゅんぶんの?ナニ??」

早速調べてみました。

「砌」とは「みぎり」と読んで、「時節」、「その時」、「場面」といった意味だそうです。
「水限(みぎり)」「水切(みぎり)」との意味もあり、こちらは雨だれを受ける為の石畳の意味。他にも、その場所、庭、水たまり、などといった意味でもあるそうです。

今回の「春分の砌」の場合は、「春分の候」や「春分の節」と置き換えても同じ意味だそうです。ファジーで歴史があって意味合いが深い日本語。まだまだ勉強する必要がありそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*